フランチャイズシステムのご紹介

ホームシステムのご紹介

アメリカ発の世界最大級の不動産ネットワーク

アメリカ発の世界最大級の不動産ネットワーク

センチュリー21は1971年にアメリカで誕生し、現在世界74ヶ国、地域に7100店舗、10万人の従業員数を擁する世界最大級の不動産仲介ネットワークです。日本では、83年に伊藤忠商事がアメリカ国際本部であるセンチュリー21・リアルエステートと提携し、大手金融機関に資本参加を得て、センチュリー21・ジャパンを設立しました。

センチュリー21の最大の特徴は、直営店を持たないフランチャイズです。センチュリー21・ジャパンの業績は加盟店の収益のみで成り立っています。そのため、本部は加盟店をサポートし収益を向上させることに注力することができ、加盟店は直営店に競合することなく、センチュリー21のブランドを十分に活用し、自社の経営に専念できるのです。

1983年の設立以降、90年に関西圏、99年中部圏に進出し、2001年にはジャスダックに上場いたしました。その後、04年には九州圏に展開し、現在では北海道、沖縄含む日本全国にまで展開するまでに成長致しました。現在では加盟店数は921店舗(2017年3月末時点)になり、国内における不動産業者としては有数のネットワークを持つようになりました。

求める経営者像は「センチュリー21のブランドを得て、さらに成長したい人」

求める経営者像は「センチュリー21のブランドを得て、さらに成長したい人」

我々は長年に渡り加盟店を見てきて、加盟後業績を大きく伸ばす加盟店と、加盟後業績が伸び悩む加盟店の2種類の加盟店があることがわかっています。

加盟後、業績を大きく伸ばす加盟店の共通項のひとつは、経営者自身が大きく成長したいという情熱を持っていること、そしてその情熱が継続している加盟店です。それらの加盟店は、センチュリー21というブランドをきっかけのひとつとして考えており、更に会社を成長させています。

逆に、思ったように業績が伸びない加盟店は、成長よりも安定を求めてしまい、現状に安住してしまう加盟店に多いようです。また、センチュリー21に加盟をすればそれだけで業績が伸びると考える加盟店もありますが、それで業績が伸びるほど、不動産業は簡単な商売ではないのは言うまでもありません。

センチュリー21に加盟するきっかけは様々ですが、街の不動産業を営む経営者がブランドを持たない経営に限界を感じて加盟の検討をはじめるケースが多く、また大手中小問わず、優秀な営業スタッフが独立を機に加盟されることも多々あります。

最近では、建設業やリフォーム業など異業種のビジネスをされていた事業者が新たなビジネスとして不動産業をはじめられるケースも少なくありません。

いずれにしても、我々は「『センチュリー21』の冠を得て、さらに成長したい」と思う意欲あふれる経営者の方に加盟して欲しいと思っていますし、責任を持って支援させて頂きます。

成功と失敗の共有がセンチュリー21の新たなノウハウへ

成功と失敗の共有がセンチュリー21の新たなノウハウへ

加盟を検討している経営者の方からの一番多い質問のひとつに、センチュリー21加盟のメリットは何か、という質問があります。例えば、「センチュリー21」のブランドは認知度・知名度の面から見ても大きな武器のひとつであることは間違いありません。しかし、ブランドだけがメリットかと言えばそうではないのです。

不動産業はご存じの通り、オリジナル商品はほとんど存在しないので、商品力やサービスで他社と大きく差を付けられる業種ではないです。ですから「人」で差別化するしか業績を伸ばすことはできないのです。

その「人」というのは、「営業マン」の営業力ももちろんその一つですが、もっと影響が大きいのは「経営者自身」の人間力です。

オーナー企業の経営者の方は、孤独で一匹狼である傾向があります。彼らは、これまで独自のやり方で会社を大きくしてきたという自負がある一方で、その経営手法が本当に正しい手法であるかどうか懐疑的に見ている面があり、ノウハウを共有したい気持ちが非常に強くあります。

センチュリー21には各種研修とは別に加盟店同士で集まって情報交換を行う場がいくつも存在しています。そのような場で、経営者の皆さんは、これまでの成功や失敗のノウハウを共有することができ、それが互いのノウハウとなり、知識となり、現場で実践し、更に有効な経営手法へと発展させることができるようになります。

直営店を持たないことによるセンチュリー21の強さの源泉

直営店を持たないことによるセンチュリー21の強さの源泉

通常、不動産経営者が各々の地域で集まる場合、市場が重なってしまうためか互いに腹の内を探り合ってしまい本音で話し合うことができないという話をよく聞きます。

また、直営店を多く持つ他社のフランチャイズなどでは、本部直轄で加盟店を指導し、加盟店同士の情報交換を一切禁止にしていることも少なくありません。

その点、センチュリー21では、店舗間がある程度地理的離れており、また本部が長年に渡り加盟店間の交流を強く推奨してきたため、加盟店間で積極的に情報交換を行える土壌ができあがっています。そのため、多くの成功ノウハウを共有し、加盟店が互いに切磋琢磨しながら営業活動に生かしているという現実があるのです。

センチュリー21には他社フランチャイズが持つような本部の不動産実務ノウハウ、あるいはカリスマ性をもった指導力は持ち合わせていないかもしれません。しかし、加盟店一店一店が様々なヒントを得ながら、自分の頭で考え、自分のやり方にあった経営手法を実践し、成功に導くだけの環境があり、それがまさにセンチュリー21の強さの源泉であり原点なのです。

フランチャイズシステムのご紹介

  • システムのご紹介
  • 国際的なブランド力
  • 独自のITシステム
  • 研修プログラム
  • 各種表彰制度

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

ページトップへ