お役立ち情報

不動産仲介業におけるSNSの効果的な活用を解説!

さまざまな業界で利用の幅が広がっているSNS。不動産業界でも、その活用は急速に進んでいます。新しい物件情報の発信や顧客とのコミュニケーションの場として、SNSは非常に有効なツールです。不動産仲介業でSNSを活用することには、さまざまな利点があります。

  •  低予算で広範囲の集客ができる
  •  ターゲットに合わせた情報提供ができる
  •  顧客とオンライン上で円滑なコミュニケーションを取ることができ、業務効率が向上する


これらのメリットがあるSNSを、使わない手はないですよね。
この記事では、不動産会社がSNSを効果的に活用し、新たな集客手法として取り入れる方法について解説します。

SNSの利用目的を明確にする

まず始めに、SNSを利用する目的を明確にします。それは物件情報の発信なのか、顧客とのコミュニケーションなのか、企業のブランドイメージの向上なのかなど、目的によりSNSの使い方も変わります。また、自社のターゲットとなる顧客によって、そのニーズに応じた情報発信をすることが重要です。

例えば、物件情報の発信をメインの目的とするならば、InstagramやFacebookによるビジュアルな情報提供が有効です。一方で、企業と顧客とのコミュニケーションを深めることが目的ならば、LINEやTwitterでのタイムリーなやり取りが効果的です。

SNSの選定

SNSには、様々な種類が存在します。自社のターゲットとする顧客層がどのSNSを主に利用しているのか、その動向を把握し、使用するSNSを選択することが重要です。

これは前述の「利用目的」によって異なりますが、一般に不動産業界においては以下のSNSがよく利用されます。

①LINE

LINEは日本国内で非常に高い利用率を誇るツールです。LINEのトークルームは個別のユーザーと直接メッセージのやり取りができるため、顧客とのコミュニケーションを深める上で非常に有効で、個々の顧客のニーズに合わせた情報提供や質問対応が行えます。

また、ビジネスアカウントを作成すると、新着物件情報やイベント情報の告知、不動産業界のトレンドやお役立ち情報の共有などが可能です。

さらに、LINEを活用する際には、ユーザーが自社のビジネスアカウントを友だち登録する特典の提供も有効です。友だち登録をしたユーザー向けの特別な情報提供やキャンペーンの実施などを考えてみましょう。

②Facebook

Facebookは世界最大のSNSであり、日本でも幅広い年齢層が利用しております。ニュースフィード機能を活用して情報を発信するだけでなく、専用のページを開設することで、企業のアイデンティティや物件情報を紹介する場として活用します。幅広い年齢層のユーザーを持ち、中高年にもアピールが可能です。

③Instagram

ビジュアルが主体のSNSで、美しい写真や動画を共有することで物件の魅力を伝えることができます。特に新築物件やデザイナーズ物件など、視覚的に伝えられる価値が高い物件の紹介に向いています。ユーザー層は、若年層の比率が高い媒体です。

④Twitter

Twitterは情報の拡散力が高いため、タイムリーな情報の発信に適しています。お知らせ事項や新物件の情報、イベントの開催情報などの発信に活用できます。

SNSによる集客方法の事例

では、具体的にどのような形でSNSを活用すれば良いのでしょうか?以下に具体的な集客方法とそれに関連した事例を挙げてみます。

1.物件情報の提供

「新着物件情報」や「注目の物件情報」などを定期的に投稿することでフォロワーからの興味を引きつけることができます。特にInstagramは、ハッシュタグ機能で興味関心の合うユーザーへ繋がるチャンスが広がります。物件の魅力的な写真や動画をアップし、一人暮らし向け、ファミリー向けなどターゲットに合わせたハッシュタグを付けることで、興味を持ってもらえる可能性が高まります。

「#デザイナーズマンション」や「#一人暮らし」などのハッシュタグをつけた物件写真を投稿し、それにより興味を持ったユーザーからの反応を得て、見込み客との接点を増やすことが可能です。

ポータルサイトと違って、SNSでは無料で物件情報を掲載することが可能ですので、是非活用したいところです。

2.地域情報の提供

物件情報だけでなく、地域の魅力や生活情報などを投稿することで、そのエリアで不動産情報を集めている人の興味を引くことができ、その地域の魅力もアピールできます。物件周辺の商業施設、公園や学校などの情報を積極的に発信しましょう。これにより、物件を選ぶ際の参考情報として多くのユーザーに有益な情報を提供できます。自社のSNSアカウントが有益な情報源として認識されると、フォロワー数の増加も期待できます。

3.営業活動の紹介

具体的なビジネスの取り組みを投稿することで、会社の信頼度を上げることが可能です。セミナーや物件見学会の様子などを投稿するのが効果的です。SNSの自社のアカウントのフォロワーを増やすために、SNS上でコンテストやキャンペーンを行うのも有効な手段です。例えば、特定のハッシュタグをつけて投稿してもらうフォトコンテストを開催し、賞品を提供するといった方法があります。

運用のポイント

SNSを活用する会社が増えている中、集客の効果をあげるために、以下のポイントを意識してみてください。

定期的な更新

SNSにおいては、定期的な更新が重要です。長期間投稿がないと、フォロワーから見つけられにくくなり、情報の発信力が薄れます。また、情報が古いと、企業としての信頼性も落ちますので、情報更新が必要です。

ハッシュタグの活用

ハッシュタグは、投稿を分類するための効果的なツールです。例えば、物件の種類やエリアなどに合わせたハッシュタグをつけることで、そのハッシュタグを検索しているユーザーに向けて情報を発信することができます。

フォロワーとのコミュニケーション

コメント欄やダイレクトメッセージなどを活用して、フォロワーとのコミュニケーションを取ることが重要です。質問に対しては迅速に回答することで、お客様からの信頼を獲得することができます。

フォロワーの増加

SNSでは、フォロワーの数が集客力に直結します。フォロワーを増やすためには、定期的な投稿やユーザーとの積極的なコミュニケーション、新規フォロワーを引き付けるためのキャンペーン等が効果的です。

まとめ

以上が、不動産会社がSNSを活用するための基本的なポイントです。各社のビジネスモデルやターゲットにより、その具体的な活用方法は変わります。センチュリー21・ジャパンでは、フランチャイズ加盟店向けにSNS活用の具体的な支援やアドバイスを行っています。ぜひお気軽にご相談ください。



資料請求、個別相談会、セミナーのお申込みはこちらから

加盟店募集中

「センチュリー21」には加盟企業の売上を支える
強力なフランチャイズシステムがあります。

フランチャイズ加盟に
関するお問い合わせ

0120-057-021

受付:月〜金(祝祭日を除く)
9:30〜17:30

WEBお問い合わせ
0120-057-021

【受付時間】平日 9:30〜17:30