お役立ち情報

不動産会社必見!「MEO」対策の重要性と課題

「MEO」という言葉をご存じですか?MEOとは、Map Engine Optimizationの略で「マップエンジン最適化」という意味を持ちます。

簡単にいえば「Googleマップ対策」がMEOの意味であり目的です。地元に密着して経営する不動産会社は、このMEO対策が不可欠。なぜなら、MEO対策をすることで集客を飛躍的に伸ばし、近隣のライバル店と差をつけることができるからです。

本記事では、MEO対策の重要性と課題について解説します。

「MEO」とは?なぜ不動産会社にも必要なの?

デジタル施策の一環としてよく名前が挙がる「SEO」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?SEOとは、Serch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」という意味を持ちます。要は、特定のワードでGoogle検索した場合に、上位表示されることを目指す施策です。Yahoo!検索も Googleの検索システムを採用しているため、検索結果はほぼ同じと考えて問題ありません。MEOは、SEOの1つと位置付けられます。

SEOもMEOも現代の不動産業にとって不可欠なマーケティング施策

SEOが最適化されている状態とは、例えば「不動産 売りたい」など狙ったワードが検索された時に上位に表示されることを指します。不動産の売買や賃貸を考えている人に対し、自社が発信する内容を見せることで、問い合わせや相談につながりやすくなります。

一方、MEOは「ローカルSEO」とも言われています。例えば、港区で不動産会社を探している人が「港区 不動産会社」あるいは「近くの不動産会社」などと検索窓やマップに入力した時に上位に表示させるための施策がMEOです。

広告戦略として「Web」が主流となっている今、SEOやMEOは不動産会社に不可欠なマーケティング戦略だといえるでしょう。そして、実は不動産業にとってはSEO対策よりも重要なのがMEO対策です。

不動産会社がMEOを重視すべき理由

SEOは、不動産売買や賃貸を検討している方に向けて広く自社の認知を拡大させるための施策だといえます。検索ボリュームの高いワードで上位表示ができれば、月数万PVを出すことも可能です。

とはいえ、全国すべてのエリアをターゲットとしている不動産会社は少ないのではないでしょうか?不動産会社は「ローカル」の広告戦略こそ重視したいはず。だからこそ、不動産会社はMEOの仕組みを知り、実際に施策する必要があるのです。

不動産会社がMEO対策を強化するメリット

不動産会社とMEOは、非常に相性が良いマーケティング施策です。具体的には、次のようなメリットが考えられます。

コンバージョン(アクション)率が高い

マップ検索、あるいは検索窓に「エリア+不動産会社」と入力する人は、検討段階が一定程度、進んでいる人だと考えられます。不動産売買や不動産賃貸を検討している人は、まず「売ったらどうなるかな」「借りたらどうなるかな」というところから思考を巡らせます。SEOは、この段階の顧客の思慮を深め、自社をアピールするために適している施策です。

一方、MEOは「不動産会社を知りたい」「相談したい」という人に対してアピールできるため、問い合わせや相談、来店などにつながるコンバージョン率の高さに期待できます。

実は、SEO対策より簡単

特定のワードのGoogle検索で上位表示を狙うSEOは、容易ではありません。それは、全国の不動産会社や不動産ポータルサイト、不動産関連企業がライバルになるからです。

例えば、不動産会社ならどこでも上位を取りたい「不動産 売りたい」という検索ワード。検索結果は、上記の通りです。4社の広告が入ったうえで、大手不動産会社や大手一括査定サイトのページが上位に表示されます。

Google検索のアルゴリズム(上位に表示させる仕組み)では、サイトの持つパワーや執筆者やサイトの専門性、権威性、独自性、情報の精度、文章の読みやすさなど様々なことが評価されます。アルゴリズムは公開されておらず、日々、改定されているため、これらの項目も絶対ではありません。ただ「不動産 売りたい」など、多くの企業が取りたいワードは上位表示させることが限りなく難しいといえるのは確かです。

MEOにも、アルゴリズムはあります。しかし「ローカル」を対象としているため、ライバル企業の数が少なく、MEO対策までしっかりしている不動産会社はまだ少数であるため上位表示が比較的、容易です。

客観的な評価とともに会社情報を示せる

情報社会になった今、不動産会社に来店する人の多くは、来店前に評判や口コミをチェックします。このとき活用される媒体が、Googleです。口コミサイトは多くありますが、 Googleは中立的であると考えられていることから、多くの人が評判や口コミをチェックするために活用します。



上記は「港区 不動産会社」で Google検索した場合に表示されるページです。会社の位置情報やウェブサイトへのリンクなどとともに、評価(星)や口コミ数まで表示されていることがわかります。フォロワー数の多いSNSやSEO対策されたサイトを持っていない不動産会社も、MEOすれば一定の集客効果が見込めるといえるでしょう。

不動産会社のMEO対策と課題

Googleに登録さえすれば、MEOができるわけではありません。SEOにも共通しますが、MEOするときに考えなければならないのは Googleの思考です。Googleは、検索結果として有益な情報を出すことで顧客満足度を高めています。そのために、日々、アルゴリズムを改定しているのです。

つまり、MEOするうえで大切なのは顧客にとって有益な情報であるかどうか。どう評価されるかは一概にはいえませんが、更新性や独自性、権威性は重視されるものと考えられます。営業で忙しい不動産会社にとっては、上位表示させるための更新や検証作業の時間が取れないというのが大きな課題ともいえるでしょう。

Googleビジネスプロフィールに登録

MEO対策は「Googleビジネスプロフィール」に登録することから始まります。これに登録することで、Googleマップや Google検索に店舗情報が表示されることになります。

とはいえ、登録だけではMEOとはいえません。登録内容は、できる限り詳細かつ新しいものであるべきです。情報が古く、営業しているかどうかわからない店舗を上位表示させては、 Googleのユーザビリティが下がってしまいます。先のとおり、MEOでは Googleの思考・意向を読むことが大切です。

さらに上位表示させるには、ここから「最適化」のための様々な施策を講じていく必要があるのです。

良い口コミを増やす

口コミの中でも良質な評判の数は、上位表示に不可欠だといわれています。「たかが口コミ」とは思わず、今の時代は Googleの口コミの数および高評価が集客に直結するものと認識し、日々、評判を落とさない営業を続けることも大切です。また、口コミに対して返信することもMEOのうえでは効果的だと考えられます。

最新の情報を更新する

情報の真新しさは、SEOでもMEOでも評価されるものと考えられます。

 ・営業時間
 ・休業日
 ・内装
 ・キャンペーン
 ・新着物件
 ・スタッフ

このような情報が変わったら、その都度、ビジネスプロフィールを更新しましょう。

SEOも無縁ではない

MEOは、SEOの1つ。よって、検索エンジン最適化もMEOする上では重要だと考えられます。ビジネスプロフィールだけでなく、コーポレートサイトも更新性や専門性、権威性、独自性などを考えて運用することで、相乗効果で集客力があがります。

まとめ:MEOに取り組む意義は大きいが課題も

MEOによって自社の情報を上位に表示させるには、ここまでお伝えしたような「コツ」があります。とはいえ、先の通り Googleのアルゴリズムは公開されておらず、日々、改定されているため、実験と効果を検証し続けなければなりません。

「Web」や「ネット」に苦手意識を持つ不動産会社も少なくないでしょう。日々の営業活動に時間を費やし、時間が取れないという営業担当者も多いはずです。これは、不動産会社がMEOするうえでの大きな課題だといえます。MEO対策を専門とした業者に委託することも可能ですが、継続的な運用が必要であることから経費を圧迫しかねません。

センチュリー21では、全ての加盟店に対し、MEOを含めた集客戦略のサポートをしております。弊社のフランチャイズシステムは「看板」だけを与えるものではありません。およそ1,000の加盟店の集客、運営、経営をサポートしてきたノウハウを活かし、加盟店と密接に連携しながら包括的な支援をさせていただきます。
是非お気軽にお問い合わせください。


【この記事を書いた人】センチュリー21・ジャパン 営業本部
センチュリー21は、不動産仲介フランチャイズ店舗数No1*ブランドです。圧倒的な知名度と信頼、充実したシステム、全国約1,000店舗のネットワーク・ノウハウを活用し、多くの不動産業経営者の方々が、ご自身の「店舗」を「企業」へと成長させることに成功されています。
* 売買・賃貸の両方を取り扱う不動産仲介フランチャイズ業としての全国における店舗数(2023年3月末時点/東京商工リサーチ調べ)


資料請求、個別相談会、セミナーのお申込みはこちらから

加盟店募集中

「センチュリー21」には加盟企業の売上を支える
強力なフランチャイズシステムがあります。

フランチャイズ加盟に
関するお問い合わせ

0120-057-021

受付:月〜金(祝祭日を除く)
9:30〜17:30

WEBお問い合わせ
0120-057-021

【受付時間】平日 9:30〜17:30