お役立ち情報

不動産仲介で独立 売買と賃貸、どちらを選ぶ?

不動産仲介業で独立を考える上で、重要な決断の一つが、「売買」を主軸にするのか、「賃貸」を主軸にするのか、という選択です。どちらも、その不動産業界の中で大切な役割を果たすものですが、それぞれには違った特性があります。この記事では、それぞれの業態のメリットとデメリットや、売買・賃貸が合う人の特徴を解説します。どのように判断すべきか迷っている人は、参考にしてみてください。

売買仲介

売買仲介は、不動産の売主と買主の間に立ち、取引を仲介する業務です。家や土地の所有権を売り買いする際には、細かい手続きや法律知識が必要となります。そのため、専門性が高く、売買契約1件ごとに高額な報酬を得られるのが特徴です。

売買仲介のメリット

売買仲介の最大のメリットは、1件の取引あたりの収入が大きいことです。不動産の売買価格に応じて、一定の割合の手数料を報酬として受け取るため、高価な物件を扱えばその報酬も大きくなります。これは起業の初期投資を早期回収するチャンスとも言えます。

また、売買仲介は、個々の顧客と深く関わることが多いです。売却者、購入者ともに、その人生の大きな節目に関与します。お客様からの信頼を勝ち取れば、口コミやリピートによるビジネスチャンスも増えるでしょう。

売買仲介のデメリット

一方で、不動産取引は高額なものであるため、顧客が決断を下すまでには時間がかかります。また、より専門的な知識を必要とするため、初めて不動産業界に入る方にとってはハードルが高いかもしれません。また、売買取引は景気に左右されるため、景気の良い時期には大きな利益を上げることが可能ですが、不況時には収入に影響が出る可能性があります。

売買仲介の業務内容については、別の記事で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

 

賃貸仲介

賃貸仲介は、賃貸物件の所有者と借り手の間に立ち、契約を仲介する業務です。アパートやマンションの部屋を借りる際には、多くの人が不動産業者を経由します。

賃貸仲介のメリット

賃貸仲介のメリットは、比較的始めやすいことです。物件の価格が売買よりも手頃なため、利用者の層が広く、取引の回転率が高いです。さらに、お客様が引っ越すたびに新たな住まいを探す機会が発生するため、一度関わったお客様がリピートして利用してくれる可能性もあります。また、不動産市場の景気に左右されにくいというメリットもあります。借りる人々のニーズは、景気の良い時も悪い時も存在します。そのため、賃貸仲介はある意味では、売買仲介と比較して安定したビジネスと言えるでしょう。

賃貸仲介のデメリット

賃貸仲介は安定した収入を得るためには、継続的に新しい入居者を見つける必要があります。1件あたりの手数料は売買仲介よりも少ないため、一定量の契約を結ばなければなりません。

賃貸仲介の業務内容については、別の記事で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

 

売買・賃貸 自分に合うのは?

売買仲介が合う人、賃貸仲介が合う人、それぞれの業務の特性から考えてみます。これらを参考に、自分自身の性格や得意分野、志向性を見つめ直し、どちらの仲介業が自分に合っているかを見極めるヒントにしてみてください。

売買仲介が合う人

    1. 高額取引にやりがいを感じる: 売買仲介は一件当たりの利益が高いため、大きな取引にやりがいを感じる人に向いています。一件成約すると、その達成感とは格別です。

 

  1. 深い知識を求める: 売買仲介は、不動産の価値を正確に評価し、顧客に適切なアドバイスを提供する必要があります。そのため、専門的な知識を深く学びたい人には最適です。

 

  1. 長期的なお付き合いを楽しむ: 売買仲介は購入者が決断するまでに時間がかかります。それだけに、顧客との長期的な関係を築くことが求められます。

賃貸仲介が合う人

  1. 安定を求める: 賃貸仲介は頻繁に取引が行われるため、定期的な収入が魅力です。安定を望む人には最適です。

 

  1. 人との接触が好き: 賃貸仲介は様々な顧客と接触し、彼らの希望に応えることが求められます。人との接触が多い仕事が好きな人には、賃貸仲介が向いています。

 

  1. スピーディーな仕事が得意: 賃貸仲介は物件がすぐに埋まることもあるため、顧客からの要望に迅速に応える必要があります。そのため、スピーディーな対応が得意な人には最適です。

まとめ

売買仲介、賃貸仲介、それぞれにはメリットとデメリットがありますが、自分がどのようなビジネスモデルに興味があるのか、自身の強みやビジネスの理念は、どちらに合っているのかを見極め、選択することが大切です。

不動産会社を開業する際の選択肢の一つとして、フランチャイズへの加盟があります。
フランチャイズに加盟することで、すでに認知されたブランドを使った集客が可能になります。また、不動産会社を運営していく中で必要なシステムや人材採用・研修の支援、ノウハウやサポートの提供を受けることができます。 

センチュリー21・ジャパンは、不動産で独立を目指す方々へ、不動産会社経営に必要な情報を提供しています。将来の独立を成功させるために、是非、一度ご相談ください。

資料請求、個別相談会、セミナーのお申込みはこちらから

加盟店募集中

「センチュリー21」には加盟企業の売上を支える
強力なフランチャイズシステムがあります。

フランチャイズ加盟に
関するお問い合わせ

0120-057-021

受付:月〜金(祝祭日を除く)
9:30〜17:30

WEBお問い合わせ
0120-057-021

【受付時間】平日 9:30〜17:30