お役立ち情報

不動産会社の事業計画書作成のポイントを解説

不動産業界の競争を勝ち抜き、事業を成功させるためには、事前準備が重要となります。会社を立ち上げる際には、経営の方向性や目標を明確にするため、また資金調達のためにも「事業計画書」の作成は必須となります。この記事では、事業計画書の作成目的、事前の確認事項、作成時のポイントについて具体的に解説していきます。

事業計画書とは

事業計画書とは、新しく事業を始める際や事業を拡大する際に作成する文書です。主にビジネスの目標、それを達成するための戦略、事業を行う際に必要なリソースや財務計画を具体的にまとめたものとなります。

これは新規事業や既存事業の拡大のための“道しるべ”であり、事業の方向性を明らかにし有効活用するためのツールとなります。加えて投資家や金融機関、他のステークホルダーに対し事業の計画やビジョンを明示する役割も果たします。

作成の目的

不動産会社の事業計画書の作成目的は大きく分けて2つあります。
まず1つは、自社の事業の方向性を明確化し、それを達成するためのロードマップを作成することです。事業計画書は、事業の経営や戦略を考える上で非常に重要なツールであり、自社の方向性を明るみに出し、経営上の意思決定を助けます。
2つ目は、この事業計画書を元に金融機関や投資家からの資金調達を行うためです。計画を具体的に書くことで、社内外に対して自社のビジョンや戦略を示すことができます。

作成前に確認すべきこと

事業計画書を作成する前には、以下のような点を確認しておきましょう。

①競争力の確保

あなたが作ろうとしている不動産会社が市場で成功するための競争力は何でしょうか。これは他の不動産会社と比較して優位な点、例えば専門知識、独自のサービス、地域性など、様々な要素によるものでしょう。提供するサービスが他の不動産会社と比較してどのように優位なのか明確にして、それをどのように活用するのかを具体的に計画することが重要です。これらが明確にされた事業計画書は、銀行や投資家にとっても説得力があり、信頼性を高めます。

②マーケット分析

ターゲットとする顧客層を特定し、そのニーズや行動、地域内での人口動態などを詳細に研究することが重要です。これに基づいてマーケティング戦略を立案し、対象顧客に最適な物件やサービスを提供することで、成功率を向上させることが可能です。さらに、競合他社の強みや弱みについても理解することで、自社の事業がどのように市場内で位置づけられるかを認識することができます。

③資金計画

事業を始めるために、どのくらいの資金が必要で、その資金はどこから調達するのかを確認することが重要です。初期投資、運転資金、そしてそれらの資金をどのように調達するのか、また投資回収期間はどの程度を見込むのかなどを計算し、財務に関する詳細な計画を立てることが必要です。しっかりとした財務計画は、リスクが管理されていることを示し、融資を受ける際の信頼性も高めます。

④法律と規制

不動産業界は様々な法律と規制により厳格に管理されています。これらの法律や規制への理解が不十分な場合、後々業務上の問題を引き起こす可能性があります。法的な問題を未然に防ぐためにも、適用される法律と規制を把握し、それらを遵守するための具体的な対策を立てることは重要です。

作成時のポイント

事業計画を作成する際は、次のポイントを意識してみてください。

①エグゼクティブサマリー

ビジネスの概要、目的、方法、目標、戦略、財務計画などをまとめた、事業の全体像を俯瞰する部分です。投資家や金融機関が最初に目を通しますので、あなたのビジネスが何であり、それがどのように成功を収めるのかを一目で理解でき、読者の興味を引く内容にすることが重要です。

②事業概要

あなたのビジネスの詳細について説明してください。ビジネスモデル、提供するサービス、ターゲット市場、競争環境等、詳細を示します。このセクションは、あなたのビジネスがどのように機能するのか、そしてそれが成功するためには何が必要かを明確にする役割を果たします。

③マーケティングと営業戦略

自社のサービスがどのように市場に適合し、どのように競争に立ち向かうかを明確にします。市場の動向、競争状況、顧客の行動等を深く理解し、それに基づいた戦略を立てることで、銀行や投資家からの信頼を得ることができます。

④組織とマネジメント

貴社の組織構造と管理チームを紹介します。経営者の経歴、役員の役割と責任、従業員の構成及び彼らが果たす役割についての詳細等を記します。あなたのチームがビジネスの成功を実現するために必要なスキルと経験を持っていることを示す意味もあります。

⑤サービスライン

提供するサービスの詳細、それが解決する問題、市場での競争力等について詳細に説明します。これにより、それが実際に需要があるものであることを示します。

⑥財務予測と戦略

売上高、利益、キャッシュフロー等の財務予測とそれを達成するための具体的な戦略について説明します。これは、ビジネスの財務状況を明確にし、その実現可能性を示します。明確で現実的な計画と予測は、金融機関からの信頼を得て、融資を受けやすくします。

これらのポイントを押さえ、具体性と現実的な見通しに基づいた事業計画書を作成することで、目標に向かって事業を進めやすくなるでしょう。

センチュリー21にご相談ください

センチュリー21・ジャパンでは、フランチャイズ加盟を検討しているへ事業計画書作成のサポートを行っています。私たちは日本全国1000店舗を展開し、従業員数6700名以上、世界85の国と地域、13,600店舗、149,000名の営業スタッフを擁する、全国店舗数No.1のフランチャイズです。その実績とノウハウを活かし、あなたの開業を全力でサポートします。

是非一度、ご相談ください。

資料請求、個別相談会、セミナーのお申込みはこちらから

加盟店募集中

「センチュリー21」には加盟企業の売上を支える
強力なフランチャイズシステムがあります。

フランチャイズ加盟に
関するお問い合わせ

0120-057-021

受付:月〜金(祝祭日を除く)
9:30〜17:30

WEBお問い合わせ
0120-057-021

【受付時間】平日 9:30〜17:30